キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 新薬開発までのプロセスとCRA業界。 : CRAの求人を正しく学ぶ

新薬開発までのプロセスとCRA業界。

CRAの求人を正しく学ぶ

CRAの求人を正しく学ぶのmain画像

新薬開発には莫大な時間とコストがかかるといわれていますが、CRA(臨床開発モニター)など関連する業界の求人数は年々増加しています。概略を追ってみましょう。

新薬開発までのプロセスとCRA業界。

新薬の開発はうまくいけば莫大な利益があげられると言われる一方で、1つの薬を開発するのに必要なコストは数十億円から数百億円、期間は早いものでも10年以上-20年とかかります。

また基礎研究から非臨床試験、治験の3段階ステップ、承認審査を経て、完成から発売にいたるまで、気が遠くなるような“さらに細かなプロセス”をクリアする必要があります。

ですから新薬を開発して、役所(厚生労働省)の認可を取り付けつつCRA(臨床開発モニター)の段階にまですすむこと自体が“奇跡のような確率”といって良いかもしれません。

いまご紹介した新薬開発の流れでいくと、CRA(臨床開発モニター)というのは「治験の3段階ステップ」に相当します。

難問・難関を不眠不休でクリアして、このCRA(臨床開発モニター)の段階にコマをすすめると、今度は、医療機関で実施されているCRAが、「GCP」に準拠して実施されているか、厳格なルールに則って調査・確認されます。

またややっこしい略語が出てきましたが、GCPとは治験に関わる患者さん(モニター)に対して、正しいルールでその人が選択され、問題なく実施されているかをチェックする法律のようなものです。

CRA業界で働く人々は、基本的には一般の求人と同じように、CRA業界が発行しているツールやネット情報などから、自分にふさわしい応募要件かどうかを検討し応募するといった方法を取ります。

そしていまお話ししたようなさまざまな業務に関わります。

ただし求人といっても、CRA経験の有無や関係した業種の経験者か、あるいは開発経験があるかなどによって、給料や年収は異なってきます。

実際の業務にあたっては、勤務地を選べる場合もあれば、求人先の企業などから、あらかじめ勤務地や募集職種が指定されている場合もあります。

CRA業界・治験業界の求人内容はさまざまですが、英語力やコミュニケーション能力などは必ず問われる業界ですので、事前に自分自身のレベルアップを果たしておくべきです。

関連資料・・>[医薬品開発の現場:コミュニケーションの重要性

CRAの求人を正しく学ぶ

Copyright elizshop.com All Rights Reserved