キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 CRAの現場に立って働くには。 : CRAの求人を正しく学ぶ

CRAの現場に立って働くには。

CRAの求人を正しく学ぶ

CRAの求人を正しく学ぶのmain画像

CRA(臨床開発モニター)は高齢社会の進展にともなって、ますます重要視され、求人広告も多数みかけるようになりました。しかしそのハードルは高いようです。

CRAの現場に立って働くには。

みなさんはCRAという言葉の意味をご存じでしょうか。

CRAとは臨床開発モニターのことを指します。

では、臨床開発モニターとはどのようなものかというと、新薬や新しい療法の開発に際して、モニターとなる患者さん(治験モニター)を募集・求人したり、あるいは製薬会社と医療機関の中間に立って、治験のための環境全般を整えたりする仕事を言います。

そのための業務全般を請け負っている会社もあり、ビジネスとしてはかなりの規模です。

製薬メーカーや医療機関などでは、「CRA業界」、「治験業界」と呼ばれているほど、確立した市場があります。

こうしたCRA業界の活性化は、高齢社会の進展とともにますます重要視され、スタッフ募集のための求人案件は以前にも増して多くみかけられるようになりました。

業界の中の代表的な職業としてあげられるものに治験コーディネーター(CRC)という職があります。

職種としては臨床検査技師に属しますが、たとえば治験者である患者さんの検査値を読み取ったり、患者さんと接して臨床データに必要な事柄をヒヤリングしていったりということも業務に含まれます。

もちろんこのような職に就くにはそれなりの資格と経験が必要であり、誰もが簡単にCRAの現場に立てるわけでもありません。

CRAのための環境づくり、調整、治験者の募集・求人、モニタリングの資料づくりなど業務内容は多岐にわたりますから、まず精神的・肉体的にタフであることが前提となります。

また現場における管理能力や英語力が問われたり、高いコミュニケーション力が必須だったりと条件は厳しいようです。

薬科大学や医療系の大学を卒業していて、製薬会社や医者の言うことがスムーズに理解できる知識を備えていることなどはごく普通に求められます。

業界としての将来性はありますが、最終的な資格要件を満たすためには高いハードルがあります。

関連サイト⇒[http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/medical/patient.shtml

CRAの求人を正しく学ぶ

Copyright elizshop.com All Rights Reserved