キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 CRA業界の人材不足、果たしてその原因とは? : CRAの求人を正しく学ぶ

CRA業界の人材不足、果たしてその原因とは?

CRAの求人を正しく学ぶ

CRAの求人を正しく学ぶのmain画像

CRA業界ではいま、求人のあり方について見直しをすすめていると言われています。有能な人材が思ったように集まらないからです。原因はどこにあるのでしょう。

CRA業界の人材不足、果たしてその原因とは?

CRA業界、臨床開発モニターに関係した分野に職を得るというのは、極めて専門性の高い領域であり、将来の自分自身を揺るぎないものとする上でも懸命な進路選択です。

ある意味で専門特化した業界ですからハードルはかなり高いともいえますが、高齢化がすすむ日本では安定的な職業であることは間違いないでしょう。

高いハードルを多少の努力を払ってでも越えるだけの価値はあります。

CRA(臨床開発モニター)に関する求人は、慢性的な人材不足ということもあって、最近とくに増えてきました。

またこうした業界の求人情報にアプローチする人たちの数も増加しています。

しかしCRAの求人にアプローチを行って実際に面接などにすすんでも、就職に至る人の数は限られているといいます。

それはなぜなのでしょうか。

求人する側に問題があるのでしょうか。

それとも応募する側の準備不足や知識不足に問題があるのでしょうか。

CRAに関係した求人情報などからすると、具体的なCRAの業務は、治験を実施する医療機関の選定や、被験者(患者さん)の登録依頼、あるいは治験に際してのモニタリング計画書に沿ったモニタリングの実施・サポートなどがメインだとされています。

こうした仕事内容をみる限りでは、それほどむずかしいとはは思えません。

また病院内における現場作業が多いことから、患者さんや医師・看護師などとのコミュニケーションもあり、活気があって楽しそうな一面もあります。

いまCRA業界では、応募要件を緩和させたり、経験の厚薄を考慮したりするなど、CRA求人のあり方を見直していると言いますが、果たして“求人のあり方を見直すだけ”で、CRA業界の人材不足は解消されるのでしょうか。

俗に言う、ミスマッチの問題や求人に応える側(応募者)の知識不足などにも焦点を当てるべきだと思えてなりません。

CRAの求人を正しく学ぶ

Copyright elizshop.com All Rights Reserved