キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 可能性の大きなCRA業界への就職。 : CRAの求人を正しく学ぶ

可能性の大きなCRA業界への就職。

CRAの求人を正しく学ぶ

CRAの求人を正しく学ぶのmain画像

CRA業界では、活発な求人活動が行われていますが、それでも慢性的な人材不足にあるといいます。安定した就職先としてはかなりの狙い目です。

可能性の大きなCRA業界への就職。

CRA(臨床開発モニター)は、極めて科学的な方法で客観的に行われ、モニターを希望する人の人権が最優先に守られているかなどを確認しながら実施されているといいます。

CRA(臨床開発モニター)は新薬や新しい療法の開発に際して、ほぼ最終段階を迎えたプロセスの中で、実際に患者さんに依頼してその効果を試すものです。

言ってしまえば“CRAは生命に関わること”ですから、このような厳格な姿勢は不可欠なものなのです。

もっと言ってしまえば、「CRA=臨床開発モニター=人体実験=危険と隣り合わせ」であるからです。

医療や福祉、新薬に関する監督官庁は厚生労働省です。

プロセスがすすむたびに数百ページにおよぶレポートと安全性の根拠を書面上で立証し、厳しいチェックを受けます。

当然、やり直しを余儀なくされることもあります。

そうやってようやくたどり着いたプロセスが、CRA(臨床開発モニター)という舞台ですが、このステージで働く人たち(臨床検査技師など)が、慢性的に不足しているというのが現代のCRA業界の厳しい現状です。

原因はいくつか考えられますが、高齢化で新薬の開発が急がれる一方で、CRAという職種があまり認知されていないということもあげられます。

CRAは臨床開発職とも呼ばれていますが、毎年、CRAの関係企業や機関から多くの求人情報が出されているにも関わらず、実際にCRAの現場で働く人の数はそれほど増えていません。

ハードな職業ではありますが、一度この職に就いてしまえば、給料や年収は申し分なく、実務経験を確実に積み重ねていくことができます。

臨床経験が多くなれば、その経験値や能力に応じて、給与・賞与などの待遇も良くなります。

求人情報の多い製薬企業・製薬業界の関係先はもとより、研究を主体とする機関でプロジェクトリーダーとして活躍することも、それほど遠い夢ではありません。

医薬や医学の知識、患者さんや医師とのコミュニケーション能力、当然のことながら多くの関係書類やレポートの作成などを行うことから、専門用語や英語力なども必要になります。

しかし他の職業にくらべて将来の可能性は大きく、やり甲斐のある仕事です。

一度、CRAの求人について調べてみることをおすすめします。

CRAの求人を正しく学ぶ

Copyright elizshop.com All Rights Reserved